債務者が過払い金を簡単に取り返せる理由

main-img

債務者は、支払いすぎたお金である過払い金を比較的簡単に取り返せることができます。

では、なぜそれほど簡単に過払い金の返還請求は通るのでしょうか。

様々な分野のセゾンの過払い金の情報が豊富です。

実はこの理由は非常に簡単で、過払い金の責任は債務者には一切ないからです。



基本的に、消費者金融などの貸金業者に対してお金を支払いすぎるのは貸金業者が間違った利息の設定をしていたからに他なりません。


例えば、10万円のお金を借りた場合にはそのまま10万円の返済をしていればそれで債務は完済することになります。


このような状況にならないのは、お金を貸した際には貸金業者から金利を設定されて利息を支払わなくてはいけなくなるからです。


つまり、過払い金は貸金業者が元本に対してつける金利の範囲に問題があるから生じるお金だと断言することができます。

実際に、こうした支払いすぎたお金が生じるのはグレーゾーンという金利の問題が絡んでいることがわかっています。



現在ではそのようなことはありませんが、それまでは貸金業者の金利の範囲は、二つの法律によって作られたグレーゾーンと呼ばれる上限金利の違いが存在していました。

グレーゾーンの金利は、貸金業者にとっては有利に働きますが債務者にとっては不利になってしまうので貸金業法の改正によって禁止されたのです。


支払いすぎたお金を容易に取り返すことができるのは金利に関してこのような事情があるからに他なりません。

債務者自身は何も悪くないので、法的手段を行使することで問題を解決できるわけです。

過払いのわかりやすい情報

subpage01

過払い金の返還請求をするときには、任意整理という特別な法的手段を使わなくてはいけません。任意整理は、債務整理という法律に存在する借金を整理するための手段ですが、単純に借金の整理をするときだけではなく払いすぎたお金を取り返すときにも使うことができます。...

more

過払いの皆が知りたい情報

subpage02

貸金業法改正前からお金を借りていた方はすべて過払いが発生していると考えている方もいますが、発生していない方も少なくありません。発生するかどうかを決めるのは金利ですが、金利は業者により変わります。...

more

過払いの最新考察

subpage03

過払い金が発生するローンはごく一部のローンに限られます。消費者金融の無担保、多目的のローン、またはクレジットカード会社のキャッシング枠で借りていた方です。...

more

過払いの知っておきたい常識

subpage04

貸金業法が改正される前は、出資法の上限である29.2%の金利が認められていました。利息制限法の上限は20.0%なので、それよりも9.2%も高いことになります。...

more