過払い金に必要な任意整理を知っておこう - 過払いを決める金利とは

過払い金に必要な任意整理を知っておこう

subpage01

過払い金の返還請求をするときには、任意整理という特別な法的手段を使わなくてはいけません。


任意整理は、債務整理という法律に存在する借金を整理するための手段ですが、単純に借金の整理をするときだけではなく払いすぎたお金を取り返すときにも使うことができます。


任意整理は債務整理の中でも最も利用されている手段で間違いありませんが、なぜそれほど使われているのかというと誰でも気軽に使うことができる長所があるからです。

法的手段を行使するときには、契約に関して新しい法的な効果を付与するために特別な手続きをしなくてはいけないのが一般的です。
その役割を果たしているのが裁判所であり、実際に債務整理の中でも特定調停、民事再生、自己破産は裁判所の判断がない限り手段を行使することができません。しかし、任意整理の場合は法的な手段とは言えども、裁判所を通した強制的な手段ではないのでこうした手続きをする必要がないのです。弁護士から任意整理のための書類を債権者に対して提出してもらって、その上で話し合いをして問題を解決するのが任意整理のやり方です。

セゾンの過払い金に今、注目が集まっています。

法的な効果は裁判所を通すわけではなく、あくまでもお互いが納得をした上で同意をすることで付与されるので契約の更改がない限りは任意整理の効果は付与されません。



過払い金の問題では特に債務者に非があって生じた問題とは言えないので、債務者から支払いすぎた過払い金の返還もこのような手段で十分なのです。